看護師の激ストレス要因、残業削減ストラテジーを「ナース人材バンク」から学ぼう!

\まずは1分で登録(無料)/

年間10万人以上の看護師さんが利用!オリコン満足度1位。転職実績で選ぶならここ。
詳細を見る 公式ページで登録(無料)

看護師の激ストレス要因、残業削減ストラテジーを「ナース人材バンク」から学ぼう!

残業ゼロへ!看護師が実践できる効果的な時間管理テクニックとは?

最近、仕事の残業時間ってどうしても減らせなくて悩んでるんだよね。

でも、なんとかして減らす方法ってあるのかな?

まず、自分のやるべきこととやらないことをしっかり決めることが大事らしい。

無駄な残業を減らすために、優先順位をつけるだけじゃなくて、劣後順位も意識して、やらないことをきっちり決めることがポイントなんだって。

 

そして、全部一人でやるんじゃなくて、他の人に任せられることは任せるっていうのも大切みたい。

 

あと、残業が発生しにくい診療科や部署を選ぶってのも一つの方法だって。

循環器科や脳神経外科って残業が多いんだって。

逆に、精神科や透析、ICUみたいなところは残業が少ないらしい。

でも、ICUは夜勤が多いってのもあるから、自分の生活リズムに合った部署を見つけるのが大切ってことなんだ。

それから、診療科以外にも、施設の形態によっても残業の傾向があるんだって。

急性期やクリニックは残業が多いけど、介護施設や訪問看護ステーションは残業が少ないって。

ただし、どの施設でも事前に情報収集が大事ってことらしい。

 

チェックポイント

1. 個人の努力だけでなく、職場全体の残業を減らすには、自分の仕事の進め方を見直すことが大切。
2. 仕事の優先順位だけでなく、やらないことの劣後順位を明確に決め、他の人に任せられることは任せる。
3. 診療科や部署の選択も残業の影響を受ける。残業が少ない部署や生活リズムに合った部署を選ぶことが重要。
4. 施設形態によっても残業の傾向がある。急性期やクリニックは残業が多い一方、介護施設や訪問看護ステーションは残業が少ない。しかし、事前に情報収集が重要。

 

まとめ

残業時間を減らすためには、自分の仕事の進め方を見直すことや、やらないことを決めることが大切です。

また、診療科や部署、施設形態の選択も残業に影響します。

生活リズムや自分に合った環境を考慮して、残業が少ない職場や部署を選ぶことが重要です。

ただし、どの環境でも事前に情報収集が必要です。

自分に合った働き方を見つけ、健康的なワークライフバランスを保つことが大切です。

 

\まずは1分で登録(無料)/

年間10万人以上の看護師さんが利用!オリコン満足度1位。転職実績で選ぶならここ。
詳細を見る 公式ページで登録(無料)

 

関連記事

ナース人材バンク、レバウェル看護、ナースではたらこ、マイナビ看護師、看護師ワーカーとのタイアップです。   看護師転職エージェントおすすめ5選を今すぐチェック 転職は新たなステップへの踏み出しであり、頼れるパートナー[…]

関連記事

カイテク公式サイト 介護・看護単発バイトアプリ「カイテク」で面接なし・給与即金!空き時間をお金に変える! 介護・看護単発バイトアプリ「カイテク」とは? 悩んでいる人 カイテクってどんなアプリなの? […]