男性看護師の悩み・不安「看護拒否、キャリア、女性の多い職場での人間関係」ナース人材バンクは知っている!

\まずは1分で登録(無料)/

年間10万人以上の看護師さんが利用!オリコン満足度1位。転職実績で選ぶならここ。
詳細を見る 公式ページで登録(無料)

男性看護師の悩み・不安「看護拒否、キャリア、女性の多い職場での人間関係」ナース人材バンクは知っている!

男性看護師だから看護拒否される?

Aさん: ねえ、男性看護師ってどんな悩みや不安があるのかしら?
Bさん: そうね、例えば看護業務での拒否や、キャリアの不安、人間関係の気遣いなど、色々あるみたいよね。

Aさん: 看護業務での悩み、実際に体験したことある人の話を聞いてみようかしら?
Bさん: いいね、たとえば看護拒否ってどうなのかな?

 

看護拒否の悩みポイント

1. Aさんが整形外科に配属された時、女性患者からケアを断られることが多く、これが将来的にもっと問題になるのではないかと不安に感じた。
2. Cさんが精神科では男性の先輩看護師が比較的多く、現場キャリアに関する不安が少ないと指摘。
3. Eさんが男性だからできることと制限されることがあるが、得手不得手を補完しながら働くことで、仕事においての充実感や満足度を高めることができます。

 

男性看護師の看護拒否【まとめ】

男性看護師が感じる悩みや不安は様々です。

特に看護業務では、女性患者からの拒否が男性看護師にとっては心の負担になることがあります。

一方で、精神科では男性の先輩看護師が多いことが現場キャリアに関する不安を和らげる要因となることもあります。

男性看護師は得手不得手があり、それを補完しながら働くことで、仕事においての充実感や満足度を高めることができます。

 

男性看護師として将来どんなキャリアを進んでいくのか不安?

Aさん: キャリアに関して、看護師としてどの方向に進むべきか、って悩まない?
Bさん: そうね、現場での経験を積むか、管理職を目指すか、それとも専門性を高めていくか、選択肢がたくさんあるわね。

Aさん: でも、経験を積んでも給料の上昇が難しかったり、家族がいると収入や昇給にシビアになることもあるよね。
Bさん: そう、30~40代になると看護師以外の友達に抜かれてくることもあるんだって。私も転職活動を経験して、治験や製薬会社の面接を受けたことがあるわ。

Aさん: 確かに、看護師のスキルって人を相手にするのもあるから、接客業のような側面もあるよね。
Bさん: だからこそ、現場や管理職でのキャリアだけでなく、他の道も考えてみるといいかも。友人の中には看護師から保険の販売員に転職したり、訪問看護を立ち上げたりした人もいるんだって。

 

男性看護師のキャリア【注目ポイント】

1. Aさんがキャリアに関する悩みを「一番大きな不安」とし、患者からの看護拒否も含めて心配していた。
2. Bさんが医療業界での進むべき方向として、現場経験、管理職、専門性の向上を指摘。
3. Cさんが経験を積んでも給料の上昇が難しく、家族がいると経済的な不安が増すことを言及。
4. Bさんが30~40代になると他のキャリアに抜かれることがある例を挙げ、自身も転職活動を経験したことを語る。
5. Aさんが友人の例として、看護師から保険の販売員や訪問看護を立ち上げた人がいることを紹介。
6. 看護師の仕事が人を相手にすることから、接客業のような側面もあることを強調。
7. 最後に、現場や管理職でのキャリアだけでなく、他の道も検討することで視野が広がるとの提案。

 

男性看護師のキャリアの積み方【まとめ】

看護師としてのキャリアには様々な悩みがあります。

特にキャリアの積み方に関する不安が共感を呼び起こします。

管理職への昇進や専門性の向上、他のキャリアへの転身など、進むべき方向は様々です。

経済的な面での不安もあり、家族がいる場合はさらに悩みが深まります。

30~40代になると他の分野に追い抜かれることもあるため、柔軟なキャリア戦略が求められます。

友人の例からも分かるように、看護師のスキルは他の分野でも活かせ、新しい道も開ける可能性があります。

経験を積みながら将来の進路を検討することで、看護師としてのキャリアに新たな展望が広がります。

 

 

男性看護師は女性の多い職場で気苦労する?

Eさん: 職場が女性多いけど、気を遣うことはある?
Dさん: 新卒で外科系病棟にいた時も、男性師長さんがいたよ。それでも気を使わないように心掛けてた。

Cさん: 年配の女性看護師にはかわいがってもらえることが多かった。でも同期の女性看護師とは対応が違ったりして、複雑な関係もあったかな。

Dさん: 異性がいると人間関係がマイルドになる感じもあるよね。学生時代から「面倒ごとは男子に頼む」みたいな話もよく聞いた。働いてからもシフトの変更依頼が結構あって、断りきれないこともあるんだよね。

Cさん: 男性看護師は優しい人が多いし、少数派だから男性同士の結束が強い側面もあるよ。私も男性看護師のコミュニティを大事にしているよ。

 

男性看護師が女性の多い職場で心がけていること

1. Eさんがオペ室に新卒で配属され、女性が多い中での経験を共有。
2. Dさんが男性師長さんがいる外科系病棟に新卒で配属されたエピソードを挙げ、気を使わないよう心掛けていたことを述べる。
3. Cさんが年配の女性看護師にかわいがられる一方で、同期の女性看護師との対応が異なる複雑な関係もあったと指摘。
4. Dさんが異性がいると人間関係がマイルドになる傾向や、学生時代から男性に頼られることがある話を持ち出す。
5. Cさんが男性看護師の優しさや、少数派だから男性同士の結束が強くなりやすい側面を強調。
6. Dさんが働いてからもシフトの変更依頼が結構あり、断りきれないことがあると笑いながら語る。
7. 最後に、Cさんが男性看護師のコミュニティを大事にしていることを述べ、結束感の大切さを示唆。

 

男性看護師が感じる女性の多い職場での人間関係【まとめ】

男性看護師たちが女性多い職場での人間関係について悩みやエピソードを共有しました。

新卒での経験や外科系病棟での働き方、異性がいると人間関係がマイルドになる傾向など、様々な視点から話が展開されました。

特に異性がいると頼りにされることがあり、シフトの変更依頼に断りきれない時もあるという実体験が語られました。

また、男性看護師同士の結束感やコミュニティの大切さも強調され、職場での円滑な人間関係の構築が重要であることが示唆されました。

 

 

【男性看護師必見】女性が多い職場で良い人間関係を築く必勝パターン

女性が多い職場での人間関係① 噂話対応力

Aさん: 噂話に巻き込まれないコツって何かあるかしら?
Bさん: そうね、鈍感でいることが大事。派閥やグループの存在に気付かないように振る舞うのがポイント。悪口や噂話には共感も否定もせず、中立的な立場でかわすと良いわ。

 

女性が多い職場での人間関係② 同年代の強み

Aさん: 同年代のいる職場って心強そうだわね。
Bさん: そうね、同年代の人となら気軽に話せるし、励まし合ったりプライベートで遊んだりできる。子育て世代なら子育ての悩みも相談できて協力体制も作りやすいわ。

 

女性が多い職場での人間関係③ 訪問看護

Aさん: 訪問看護ってどうかしら?
Bさん: 実は訪問看護は人間関係のわずらわしさが少ないの。シフトが同じでも基本的に一人で訪問に出かけるから、職場の人間関係に辟易している人にはおすすめよ。男性看護師ニーズもあるし。在宅の分野も挑戦してみる価値があるわね。

 

まとめ

女性が多い職場での人間関係について、噂話や派閥・グループへの対処法、同年代のいる職場のメリット、訪問看護の魅力などを二人の対話を通じて紹介しました。人間関係の面倒ごとを減らすための具体的なアドバイスや選択肢が提示され、読者にとって有益な情報となっています。

 

\まずは1分で登録(無料)/

年間10万人以上の看護師さんが利用!オリコン満足度1位。転職実績で選ぶならここ。
詳細を見る 公式ページで登録(無料)

 

関連記事

ナース人材バンク、レバウェル看護、ナースではたらこ、マイナビ看護師、看護師ワーカーとのタイアップです。   看護師転職エージェントおすすめ5選を今すぐチェック 転職は新たなステップへの踏み出しであり、頼れるパートナー[…]

関連記事

カイテク公式サイト 介護・看護単発バイトアプリ「カイテク」で面接なし・給与即金!空き時間をお金に変える! 介護・看護単発バイトアプリ「カイテク」とは? 悩んでいる人 カイテクってどんなアプリなの? […]