トラベルナース看護師が転職の狙い目!<短期間・高給与>フリーランスな働き方をナース人材バンクから学ぶ!

\まずは1分で登録(無料)/

年間10万人以上の看護師さんが利用!オリコン満足度1位。転職実績で選ぶならここ。
詳細を見る 公式ページで登録(無料)

トラベルナース看護師が転職の狙い目!<短期間・高給与>フリーランスな働き方をナース人材バンクから学ぶ!

トラベルナースを簡単に説明すると

Aさん
最近、トラベルナースって言葉よく聞くよね。
Bさん
そうだね、アメリカ発祥の働き方で、看護師不足に対応するため期間限定で働くんだよ。
Aさん
アメリカでは昔からあるんだって。
Bさん
そう、最近はコロナでますます需要が増えてるんだ。それが日本でも注目されているんだよ。

 

最近注目の働き方「トラベルナース」は、アメリカ発祥で看護師不足に対応するため期間限定で働くスタイル。

コロナ禍での需要増により、日本でもトラベルナースや応援ナースとしての働き方が広がっています。

混同されやすいが、「応援ナース」はトラベルナースの一種で、商品名が一般名化したような関係性があります。

 

トラベルナースの働き方はどんな形?

Aさん: トラベルナースって、アメリカと日本で雇用形態が違うんだよね。
Bさん: そうなんだ。アメリカでは派遣されてるけど、日本では派遣と直接雇用ってあるんだって。

Aさん: 派遣って、派遣会社と契約して一定期間働くんだよね。
Bさん: そう、社会保険とかも派遣会社のものになるんだ。でも直接雇用もあるって。日本では有期雇用の契約社員というスタイルが一般的かな。

 

トラベルナースの働き方【まとめ】

トラベルナースの働き方はアメリカと日本で雇用形態が異なる。

アメリカでは派遣が一般的だが、日本では派遣と直接雇用があり、具体的な待遇面や働き方においては大きな差がないと考えられる。

 

他にも、イベントナースとツアーナースも注目されている。

これらの働き方では外出や旅行、各種イベントに看護師が数時間から数日間付き添い、参加者の体調管理やケガの対応を行う。

求人は派遣会社に登録するのが一般的で、個人で探すのは難しい。

 

トラベルナースの働き方「働く期間や給与相場」

トラベルナースの働く期間

Aさん: トラベルナースって、働く期間ってどれくらいなのかな?
Bさん: 通常は3ヵ月から6ヵ月の契約が多くて、一般的には6ヵ月が一番多いんだよ。

Aさん: それって契約終了後に延長できるの?
Bさん: そうなんだ。契約期間を延長したり、正職員に切り替えて働くこともできるんだって。

 

トラベルナースの働く期間は通常3ヵ月から6ヵ月で、一般的には6ヵ月が一番多い。

契約終了後は延長や正職員への切り替えが可能で、柔軟な働き方ができる。

 

トラベルナースの給与相場

Aさん: トラベルナースって、給与はどれくらいもらえるのか気になるな。
Bさん: 給与は高めだよ。エリアによるけど、月額40万円から50万円が相場だよ。

Aさん: それって普通の看護師より高いんだね。
Bさん: そうだよ。厚生労働省のデータによると、看護師の平均月給が344,300円なので、結構高給なんだ。

Aさん: でもトラベルナースって、引っ越し費用もらえたり、社宅があるんでしょ?
Bさん: そうだね。引っ越し費用や家具付きの社宅があるから、経済的にも助かるよ。ただしボーナスはないから、年収ベースでは正職員よりは控えめかもね。

 

トラベルナースの給与は一般的に月額40万円から50万円で、看護師の平均給与よりも高い。

引っ越し費用や社宅の提供もあり、経済的にも恩恵があるが、ボーナスは支給されないため、年収ベースでは正職員よりはやや控えめ。

 

トラベルナースの勤務先や仕事内容は?

Aさん: トラベルナースって、どんな場所で働くの?
Bさん: 圧倒的に多いのは「病院」だよ。中でも「病棟」の求人が一番多いんだけど、他にも「外来」「救急外来」「手術室」「ICU」「透析室」など、いろんな仕事があるんだ。

Aさん: 病院以外にも働ける場所があるんだね。
Bさん: そうだよ。介護施設や有料老人ホーム、クリニックや訪問看護の求人もあるよ。エリアにこだわらなければ、自分に合った仕事を広く選べるんだよ。

 

トラベルナースの勤務先、仕事内容【まとめ】

トラベルナースの勤務先は主に病院で、病棟以外にも外来や救急外来、手術室、ICU、透析室などさまざまな仕事がある。

介護施設やクリニック、訪問看護の募集もあり、エリアにこだわらなければ広範な選択肢から求人を探せる。

仕事内容は基本的には正職員と同じで、期間限定ながら即戦力として活躍することが期待され、業務以外の役割負担が少ないのも魅力。

 

トラベルナースになると得られるメリットは?仕事のデメリットはある?

トラベルナースのメリット

Aさん: トラベルナースってどんなメリットがあるんだろう?
Bさん: まず一つ目は、行きたいところに行けること!離島や観光地、都市部などの求人があって、期間が決まっているから「住んでみたい」「行ってみたい」場所で働けるんだよ。

Aさん: それはいいね。他にどんなメリットがあるの?
Bさん: 二つ目は高給与だよ。月給が40万円から50万円で、家具家電付きの社宅や寮が用意されているから出費も少ない。ただし、引っ越し費用は最初だけ先方が負担してくれるんだ。

Aさん: お金を貯めるのもいいね。それ以外にどんな利点があるの?
Bさん: 三つ目は看護業務に集中できること。期間限定雇用なので、基本的には看護以外の仕事には参加しなくていいんだ。人間関係も「期間限定」で割り切れるから、苦手な人がいても気になりにくいよ。

 

トラベルナースのメリット【まとめ】

トラベルナースの魅力は行きたい場所での働き方、高給与、そして看護業務に集中できること。

期間限定で働くため、プチ移住や短期間での貯金が可能。

高い給与と集中できる看護業務は、様々なニーズに合った働き方を提供している。

 

トラベルナースのデメリットは?

Aさん: トラベルナースにはどんなデメリットがあるんだろう?
Bさん: まず一つ目は、賞与や退職金がもらえないこと。月給が高くてもボーナスや退職金がないのは辛いよね。

Aさん: それは考え物だね。他にどんなデメリットがあるの?
Bさん: 二つ目はキャリア面での評価が低いこと。期間限定で働くから、「応援」「サポート」の立ち位置が基本で、新しいスキルを身に付けにくいんだ。

Aさん: キャリアに影響があるんだ。最後のデメリットは?
Bさん: 三つ目は基本的に忙しいこと。トラベルナースを募集する時って、人手不足のときが多いから、即戦力が求められているし、忙しい環境で働くことが予想されるんだ。

 

トラベルナースのデメリット【まとめ】

トラベルナースのデメリットは賞与や退職金の不支給、キャリア評価の低さ、そして基本的に忙しい環境での勤務が挙げられる。

高給与に対するデメリットとして、将来のキャリアに影響が出る可能性があることを考慮する必要がある。

 

トラベルナースに向く人、向かない人

トラベルナースに向く人とは?

Aさん: トラベルナースってどんな人に向いているんだろう?
Bさん: まず、決まった期間でしっかり稼ぎたい人にはピッタリだよ。短期間で高給与って最大の魅力だから。

Aさん: そうだね。他には?
Bさん: ジェネラリストになりたい人にも向いてる。人手不足の現場で短期間でスキルを発揮するから、様々な患者さんに対応できるし、ジェネラリストとしての経験値が上がるんだよ。

 

トラベルナースに向く人【まとめ】

トラベルナースは、短期間で高収入を得たい人やジェネラリストとしてスキルを広げたい人に向いている。

特に期間が明確で頑張りやすいため、留学や転勤などで決まった期間働きたい人に最適。

また、人手不足の現場での経験が豊富なジェネラリストにとってもプロのキャリアを築く絶好の機会となる。

 

トラベルナースに向かない人とは?

Aさん: トラベルナースって誰に向いていないんだろう?
Bさん: 経験が浅い人や、しっかり教育を受けてほしい人は向いていないかも。経験3年以上が求められるし、即戦力として期待されるからね。

Aさん: それ以外にも向いていない人がいるの?
Bさん: キャリアアップしていきたい人には向いていないかも。トラベルナースは期間が決まっているし、昇進や専門的なスキルを磨くのが難しいんだよ。

 

トラベルナースに向かない人【まとめ】

トラベルナースには経験が浅く、しっかり教育を受けてほしい人や、キャリアアップを目指す人には向いていない。

経験3年以上が求められるため、即戦力としての期待が高く、また期間が決まっているためキャリアの磨き直しが難しい。

入職前に求められるスキルや自身の志向を検討することが重要だ。

 

\まずは1分で登録(無料)/

年間10万人以上の看護師さんが利用!オリコン満足度1位。転職実績で選ぶならここ。
詳細を見る 公式ページで登録(無料)

 

関連記事

ナース人材バンク、レバウェル看護、ナースではたらこ、マイナビ看護師、看護師ワーカーとのタイアップです。   看護師転職エージェントおすすめ5選を今すぐチェック 転職は新たなステップへの踏み出しであり、頼れるパートナー[…]

関連記事

カイテク公式サイト 介護・看護単発バイトアプリ「カイテク」で面接なし・給与即金!空き時間をお金に変える! 介護・看護単発バイトアプリ「カイテク」とは? 悩んでいる人 カイテクってどんなアプリなの? […]