蓄電池がなぜ住宅の設備として注目されているのか。それは「売る」より「貯める」が得だから!

蓄電池が住宅に導入されるという流れが続いています。

その理由はシンプル。太陽光発電で作られた電力は「売る」より「貯める」ほうがだから!

 

現在、日本ではかなりの数の一戸建て、企業が太陽光発電を導入していますよね。

もしかしたら、あなたも?

 

 

発電する設備が一気に増えたことに伴い、売電価格の低下、電力会社の買取に制限をかけたりなどの動きが出ています。今後、電気は売る時代から貯める時代に変わっていくのではないでしょうか。

太陽光発電を設置した方達にとって蓄電池は今後必要不可欠なアイテムになるでしょう。

 

 

すでに、太陽光発電ユーザーは「電気を売るより貯める方が得だ」という認識を持っているんです。

・近年は太陽光発電システムとともに、蓄電池価格も低下していて導入が容易になっている。
・一部自治体での補助金制度も継続中。
・蓄電池にためておけるから太陽光発電容量が小さい企業や家庭にもおすすめ
・外出が多い家庭におすすめ
・非常時の電源を考えているなら蓄電池設置
・太陽光発電を長く利用している方には、パネルやパワーコンディショナーなどの付け替えに合わせて導入をおすすめ。
・蓄電池により自家消費を高めることが可能となり、売電価格の影響を受けずらい。

 

 

ということで、蓄電池の導入にご興味ある方は無料でお見積りもできますのでぜひチェックしてみてくださいね。

タイナビ蓄電池

【タイナビ蓄電池】蓄電池の一括見積り比較!完全無料で最大5社