日本生命、介護事業へ本格参入!ニチイHD買収で介護職員の求人市場が変化か?

20代・30代・40代・50代の転職成功
おすすめの介護転職サイト・エージェントを今すぐチェック

日本生命、介護事業へ本格参入!ニチイHD買収で介護職員の求人市場が変化か?

A: ねぇ、聞いたことある?日本生命が介護事業に参入するって!

B: え、そうなの?どうして?

A: ニチイ学館っていう超有名な会社を買収することになったんだって。それで、介護事業に参入するんだよ。

B: なるほど。でも、なんで今?

A: 介護って需要がどんどん増えてきてるからなんだって。高齢化が進む中、ニーズが大きくなってきてるんだよ。

B: そうだよね。でも、なんでニチイ学館を?

A: 実は、日本生命とニチイは昔から関係があって、子育てや介護の分野で協力してたんだ。だから、今回の買収っていうのはその延長線上みたい。

B: なるほど。どんな相乗効果が期待されてるんだろう?

A: まず、日本生命が介護事業で収益を上げつつ、生保事業とも連携できるって感じ。顧客基盤を共有できるから、相乗効果が期待されているんだって。

B: 少子高齢化って言われてるし、生保業界も大変なんだろうね。

A: そうなんだよ。営業の方も厳しい時期が続いてるから、新しい事業で成長できるチャンスを狙ったみたい。

B: なるほど。日本生命も頑張ってるんだね。

A: そうだね。これで新しい収益源が増えて、ますます強化していけるんじゃないかな。

B: 期待したいね!

 

チェックポイント

  • 日本生命保険が介護事業に参入することが決まった。
  • ニチイホールディングス(HD)を買収し、米ファンドが保有するニチイ株を約2100億円で取得する。
  • 介護事業の拡大により、新たな収益源を見込み、生保事業との相乗効果も期待される。
  • 1999年から日本生命とニチイは「ライフケア」分野で業務提携を結び、関係を深めてきた。
  • 日本生命の中期経営計画では、「ライフケア」分野の強化を計画し、買収がその柱の一つとなる。
  • 介護職の経験、ケアマネや相談員の経験など日本生命において求人需要が高まるか

 

まとめ

日本生命保険が介護事業に参入する動きが加速しています。

これにより、高齢化が進む中で拡大する介護事業を新たな収益源として活用し、生保事業との相乗効果を狙っています。

買収対象のニチイ学館との関係は古くから続き、今回の取引はその延長線上にあるものです。

 

少子高齢化が進むなかで、生保業界は市場の縮小が懸念されていますが、日本生命は「ライフケア」分野での強化を通じて新しい成長の機会を見出しています。

 

これにより、顧客基盤の共有や相乗効果を生かし、ますます強力な企業体としての地位を築いていくことが期待されます。

 

おすすめの介護士転職サイト・エージェント

転職エージェントは無料で利用ができるのでおすすめです。

プロのキャリアアドバイザーが味方になってくれますので、自分では見つけられない最適な職場を提案してくれます。

2、3社に登録し、相性が良く信頼できる担当者と話を進めるのが成功のコツです。

 

人間関係の良い職場はここで見つかる!
\まずは1分で登録(無料)/

介護転職の口コミNo.1。キャリアアドバイザーの対応がていねい。
詳細を見る 公式ページで登録(無料)

転職・就職活動を無料でサポート。年間転職成功実績1万件!
詳細を見る 公式ページで登録(無料)

 

 

 

関連記事

  介護転職エージェントおすすめ7選を今すぐチェック 介護職として働く皆さんにとって、新たなキャリアや働き方を模索する時が訪れることもあるでしょう。 現在の職場に不満を感じたり、スキルを活かしながらより充実した環[…]

関連記事

カイテク公式サイト 介護・看護単発バイトアプリ「カイテク」で面接なし・給与即金!空き時間をお金に変える! 介護・看護単発バイトアプリ「カイテク」とは? 悩んでいる人 カイテクってどんなアプリなの? […]