利用抑制が激増?介護保険サービス利用料の自己負担2割、対象範囲拡大時期は2025年8月頃からになりそう

利用抑制が激増?介護保険サービス利用料の自己負担2割、対象範囲拡大時期は2025年8月頃からになりそう

Aさん:ねえ、介護保険サービス利用料の自己負担って知ってる?

Bさん:ああ、ちょっとだけ。何か変更があるの?

Aさん:そうなんだよ。厚生労働省が2割負担の範囲を広げるって言ってて、2025年8月からっていう見通しだよ。

Bさん:なるほど。なんでそんな変更があるの?

Aさん:社会保障制度の持続可能性を高めるために、支払い能力に応じた負担を求めるってことみたい。年末に詳細が発表されるらしい。

 

介護保険サービス利用料の自己負担2割、対象範囲拡大【注目ポイント】

  1. 介護保険サービス利用料の2割負担範囲が広がる
  2. 対象範囲の拡大は2025年8月からの適用が見込まれる
  3. 社会保障制度の持続可能性向上が目的
  4. 年末に詳細が発表される
  5. 施設退所者、サービス利用の抑制者が増える可能性あり。高齢者や家族の安心が脅かされる要因にも。

 

2割負担の対象範囲が増えると介護サービス利用が抑制?【まとめ】

介護保険サービス利用料の自己負担が変更されることが明らかになりました。

厚生労働省は2割負担の対象範囲を広げ、2025年8月から適用する方針。

これは社会保障制度の持続可能性を高めるための対策で、支払い能力に応じた負担を求めるものです。

詳細な内容は年末に発表される予定。

これにより、介護保険を利用する人々の自己負担が変わる可能性がありますので、今後の情報に注目が集まりそうですね。

しかし、経済的に苦しい状況の世帯に大打撃となるのは明らかですし、施設退所者、サービス利用の抑制者などが多く発生する不安も。

介護サービス破壊につながらなければいいけど。。。

 

関連記事

  介護転職エージェントおすすめ7選を今すぐチェック 介護職として働く皆さんにとって、新たなキャリアや働き方を模索する時が訪れることもあるでしょう。 現在の職場に不満を感じたり、スキルを活かしながらより充実した環[…]

関連記事

カイテク公式サイト 介護・看護単発バイトアプリ「カイテク」で面接なし・給与即金!空き時間をお金に変える! 介護・看護単発バイトアプリ「カイテク」とは? 悩んでいる人 カイテクってどんなアプリなの? […]