特例的オンライン診療をドコモが支援!能登避難所や診療所にタブレット・携帯・ビデオ通話を提供

特例的オンライン診療をドコモが支援!能登避難所や診療所にてタブレット・携帯・ビデオ通話を提供

Aさん: 「聞いた?能登半島地震の被災者がオンラインで診療できるようになったんだって。」
Bさん: 「ええ、すごいね。NTTドコモが携帯やタブレットを設置したんだって。」
Aさん: 「厚生労働省や石川県からの要請だって。医師の研修も必要ないんだって!」
Bさん: 「これで、避難所での医療がぐっと楽になるね。」

 

注目ポイント

  1. 取り組み開始: 24日から能登半島地震被災者向けオンライン診療開始。
  2. 設備提供: NTTドコモが携帯電話やタブレットを避難所に設置。
  3. 無償サービス: ビデオ通話・通信サービスをドコモが無償提供。
  4. 初期対象: 輪島市内の診療所と2次避難所がオンラインで結ばれた。
  5. 今後の展開: 地域拡大予定、薬剤師の服薬指導も実施予定。
  6. 研修免除: 厚労省、被災地での医師研修を不要とする。
  7. 政府の意向: 厚労相、避難者の健康を守るための有効な仕組みと支持。

 

まとめ

能登半島地震の被災者が、避難所でのオンライン診療を受けられるようになった。

この取り組みは、厚生労働省や石川県の要請により、NTTドコモの技術支援で実現。

ビデオ通話と通信サービスが無償で提供され、初期段階では輪島市内の診療所と2次避難所が繋がった。

今後はさらに地域を拡大し、服薬指導も計画されている。医師の研修が必要ない特例も設けられ、厚生労働相もこの取り組みを高く評価している。

これにより、避難所での医療アクセスが大幅に改善される見込みだ。

 

関連記事

カイテク公式サイト 介護・看護単発バイトアプリ「カイテク」で面接なし・給与即金!空き時間をお金に変える! 介護・看護単発バイトアプリ「カイテク」とは? 悩んでいる人 カイテクってどんなアプリなの? […]

関連記事

ナース人材バンク、レバウェル看護、ナースではたらこ、マイナビ看護師、看護師ワーカーとのタイアップです。   看護師転職エージェントおすすめ5選を今すぐチェック 転職は新たなステップへの踏み出しであり、頼れるパートナー[…]