事業仕分けの判断をくつがえしてばっかりでいいの?

事業仕分けは国民の注目を集めた画期的なパフォーマンスでした。
しかし、それはただの演出でしかなかったのでしょうか。

たとえば、事業仕分けでジョブカード廃止となったにも関わらず、菅総理の一声で事業継続が決まってしまいました。

その他にも、事業仕分けで廃止・予算削減と判断されたものが覆されているケースがあるようです。

なぜこのような事態になっているのかを解説しているサイトを読むと、結局、民主党の支持母体ばかりを見て政治をやっているだけということみたいです。

国民のことを考えるわけではなく、支持してくれている関係者たちの権利を守ることだけが頭にあるようですね。

そんな状態ではいつまでたっても国はよくならない気がします。

政治家も既得権益者も、そろそろ目を覚ましてください。そう言いたいです・・・

【その他のトピック】
フセマサオ カラオケ 上達術
音痴 矯正 Taichi音楽スクール
結婚 相談所 幸せな結婚買い物。それは心を楽しくする!