さぁ、始まる、本気の子供の便秘を解決する栄養補助食品「おなかちゅあぶる」

(今回の執筆担当)
まき:500歳女性。冬がよく似合う死にたがりなシェフ。緑がかった黒髪と銀の瞳を持つ、バンダナを巻き褐色の肌のアジア人。

勉学のために毎毎報道をチェックしています!

お役に立つかわかりませんが、ご照覧いただければと思います☆

以下注目をひいたもののまとめです。

おなかちゅあぶる

「おなかちゅあぶる」とは…

小さな子供の便秘の悩みは日本全国でも200万人はいると言われています。
通学や出掛けるタイミングでも子供がトイレから出てこないことや、旅先でもトイレにこもって出てこないなど、両親の悩みの1つ。

「おなかちゅあぶる」とは子供の便秘を解決する栄養補助食品になります。

「おなかちゅあぶる」の特徴

1.健康長寿の長野県の伝統食であるすんき漬け由来の乳酸菌が使われている。

2.乳酸菌には動物性と植物性があり、おなかちゅあぶるは植物性で、ヨーグルトなどの動物性のものよりもお腹に届きやすい。

3.乳酸菌をナノ型にすることで小腸のパイエル板を通過しやすくし、吸収効率を高めることに成功(特許技術)。

4.薬が嫌いな小さなお子様でも、おやつのように食べられるので(水なしで噛んで食べられるヨーグルト味)、親も子供に食べさせやすい。

5.他にも子供の成長に必要な栄養素を豊富に配合(カルシウム、オリゴ糖、食物繊維、アミノ酸、ビタミンB群、葉酸ほか)。

6.虫歯になりにくい「キシリトール」も配合。

開発の背景はなに?

開発者である代表・廣山の娘が幼少期(当時3歳)、数日間うんちが出なかったり、トイレにこもったまま出てこなかったり、レジャー施設の壁の隅っこで数十分も泣きながらキバッて動かず困り果てたことがあるほど、子どもの便秘に悩まされたのがきっかけ。

同じように悩んでいるご家族がたくさんいるはず、お子様の朝をスッキリさせて1日を楽しくスタートさせてあげたい、そして、薬には頼らずに安心して調子を整えて欲しいという思いで「おなかちゅあぶる」を開発しました。

もっと詳しく知りたい方はこちらへ
↓↓↓
おなかちゅあぶる
子供の便秘・腹痛に。人気モデルや管理栄養士が推奨。