いま話題の【レガリエ】獣医師共同開発!国産×グレインフリードッグフード

(今回の執筆担当)
ゆい:22歳中性的な女性。緑がよく似合う享楽主義なチンピラ。赤い髪と大きな瞳を持つ、派手な装いを好む盲目のイギリス人。

世間の人気・トレンド把握のために四六時中知見をチェックしています!

有用であるかわかりませんが、ご覧くださればと思います☆

以下興味を持ったもののまとめです。

【レガリエ】国産×グレインフリードッグフード

【レガリエ】獣医師共同開発!国産×グレインフリードッグフード

レガリエは、日本初*の獣医師と共同開発した、安心・安全の国産・無添加のグレインフリーペットフードです。
(*オネストフード調べ。総合栄養食のドライフードにおいて。)

目指したのは世界一の品質です。
レガリエ ドッグフードは、愛犬の「くいつきが悪い」「添加物が入ったフードは心配」といった飼い主が抱える悩みを解決するために、獣医師と共同開発した商品です。
ペットの安心・安全を追求した結果、「国産×ヒューマングレード×グレインフリー」という答えにたどり着きました。

【原材料と製造について】
★獣医師監修の総合栄養食ドライフードして、国産初のグレインフリーレシピを実現。
★原材料は産地を全て公開(原料の中心は国産)。
 →商品に絶対の自信があるので全て公開できます。外国産など不透明な商品が多い中、飼い主様にもペットにも安心して食べてもらえるように透明性を求めました。
★九州産の鶏肉や、金沢港の旬の魚を贅沢に使用。魚は注目成分であるオメガ3の供給源となります。
 →科学的見地によって設計されたレガリエは、全ての原材料に意味があります。

★生肉が主原料
 →九州地域の鮮度の良い鶏肉やコスト面で利用されることが少ない牛肉も贅沢に使用しています。動物性原料60.3%も使用しています。
★その生肉を80〜90℃で加熱する「低温加熱製法」で作ることで味わいと栄養をキープ
 →生産効率や見た目よりも「栄養素」「おいしさ」を優先してこの製法にしています。
・人間も食べられる品質のヒューマングレード原料を使用。
・乳酸菌とオリゴ糖入りで愛犬の菌活を応援。
・国内製造(国産は長距離輸送がないため、海外産と比べて鮮度よくコストも抑えることが出来ます)。
・動物性原料を60.3%も使用。

【添加物について】
★原材料自体の添加物までチェック済
★ノンオイルコーティング(コーティングされたオイルが酸化するリスクを減らせます。海外産はほぼオイルコーティング品しかありません。)
・合成添加物無添加(香料不使用、着色料不使用)

【栄養バランスについて】
★獣医師が監修(他社さんは単なる推奨が多いですが、しっかりと監修をしてもらっています。)
★室内飼いの小型犬に最適化した栄養バランス(10kg以下の小型犬に最も標準を合わせた設計にしております。)
・オールステージ全犬種対応の総合栄養食
・AFFCO基準をオールクリア

【その他】
★鮮度を保つための850gの小パック。(最後まで鮮度の良いフードを食べてもらうことと、飼い主様の手間を考えて小パックにしています。)
★定期便は初回500円で試せて回数制限もなし。電話などの勧誘も一切なし。(商品に自信があるので勧誘などの営業は一切しません。)
・試食会にて96.8%が満足と回答

▼もっと詳しく知りたい方はこちら▼
【レガリエ】国産×グレインフリードッグフード
「ヒューマングレード×グレインフリーの『レガリエ』」「国産安心のレガリエドッグフード」