介護職と悪魔の腰痛問題、退職要因:治し方、負担の軽減、そして働き続ける選択肢は?

この記事で解決できるお悩み

友達が教えてくれた介護職の腰痛要因
介護業務シーンに合わせた腰痛対策ガイド
腰痛改善・治療のキーポイント
起死回生!腰痛から根本的に脱却する方法

腰痛は介護職にとって深刻な問題であり、その痛みはまさに悪魔のように日常を蝕みます。

介護職員の中には、この腰痛のために退職を考える人も少なくありません。

しかし、腰痛に悩む介護職員たちには、ただ退職するだけでなく、腰痛を治す方法や負担の軽減策、そして働き続ける選択肢についても知ってほしいと願います。

本記事では、介護職と悪魔の腰痛問題について探求し、退職を選ばずに腰痛を克服する方法や負担を軽減する職場環境、そして働き続けるための選択肢に焦点を当てます!

腰痛の影響:介護職員の退職理由と腰痛の原因

介護職は身体的負荷が大きく、その中でも腰痛は一つの深刻な問題です。

腰痛は介護職員の退職理由の一つとして挙げられることもあります。

腰痛の原因はさまざまで、主に

  • 動作要因
  • 心理・社会的要因、
  • 環境要因、個人的要因
  • そして経験年数

との関連が考えられます。

動作要因

重い物の持ち上げや移乗介助、長時間の姿勢維持などが挙げられます。

これらの作業は腰への負荷が大きく、長期間続けると腰痛の発生リスクが高まります。

心理・社会的要因

仕事へのストレスや過労、職場の人間関係の問題などが関与することがあります。

これらの要因が腰痛の発症や悪化につながることもあります。

環境要因、個人的要因

作業場所の環境や設備の整備状況、作業の適切な配慮などが影響を与えます。

また、個人的要因として運動不足や姿勢の悪さ、体力の低下などが腰痛のリスクを高める要素として考えられます。

経験年数

さらに経験年数も腰痛との関連が指摘されており、長年の介護業務による身体への負荷が蓄積されることで腰痛が発生しやすくなる傾向があります。

介護業務における腰痛対策

介護職員が腰痛を予防し、軽減するためには適切な対策が求められます。

具体的な腰痛対策としては、移乗介助や入浴介助、排泄介助などの業務において以下のポイントに注意することが重要です。

移乗介助

移乗介助では正しい姿勢を保ちながら力を分散することが大切です。

腰に負担のかからないテクニックや道具の活用なども有効です。

入浴介助

入浴介助では、姿勢を崩さずに作業を行い、腰を保護する工夫が必要です。

排泄介助

便盤の高さや移動経路の確保、適切な姿勢を保つことが重要です。

日常生活でのストレッチも腰痛予防に有効

特に、腰周りや背中、太ももなどの筋肉を柔らかく保つストレッチを取り入れることで、腰への負荷を軽減することができます。

定期的なストレッチの実施や体力づくりのための適度な運動も重要です。

腰痛の治療と改善方法

腰痛が発生した場合、適切な治療と改善方法を選択することが重要です。

まずは、早めの診断と適切な治療を受けることが必要です。

整形外科やリハビリテーション科などでの診察や治療を受けることで、痛みの緩和や回復を促すことができます。

また、日常生活での姿勢や動作の改善も腰痛の改善に役立ちます。

正しい姿勢を保つことや、腰に負担のかからない動作を心がけることが重要です。

また、定期的なストレッチや体力づくりのための運動も継続することで、腰痛の改善につながります。

さらに、心理的なケアも重要です。腰痛によるストレスや不安感を抱えることは珍しくありません。

心理的なサポートやストレス管理の方法を学ぶことで、腰痛の改善に向けた心身のバランスを取ることができます。

関連記事
image
座りっぱなし対策グッズにハマる!足踏み健康器具「あしふみ健幸ライフ」で運動不足解消、血流改善この記事で解決できるお悩み知らないと損する「座りっぱなし」対策のすごい効果あしふみ運動なら負担がかから……

退職を検討する場合のポイント

腰痛により介護職を退職するかどうか悩んでいる場合、以下のポイントを考慮することが重要です。

夜勤の回数や負担の大きさを考慮

夜勤は身体的・精神的負担が大きいため、腰痛の症状を悪化させる可能性があります。

夜勤の回数やシフトの調整が難しい場合は、別の職場や業種を検討することも一つの選択肢となります。

私生活や健康状態に悪影響が出ている場合

この場合も、退職を検討するポイントとなります。

腰痛による日常生活の制約や家族との時間の確保が難しい場合、自身の健康と生活の質を考え、適切な判断をすることが重要です。

関連記事
image
介護職がもう限界。辞めたい理由とは?転職に失敗しない方法もアドバイスこの記事で解決できるお悩み「介護職を辞めたい理由」を徹底解剖辞めるタイミングの条件、注意点友人が教えてくれた、介……

負担の少ない職場とは?

腰痛に悩む介護職員にとって、負担の少ない職場を選ぶことも一つの解決策です。

以下の職種や施設が、身体への負荷を軽減しやすい環境を提供しています。

居宅介護支援事業所

利用者の自宅を訪問して介護支援を行う職場です。

移動時間が少なく、事務所での業務が中心となるため、腰への負荷が比較的軽減されます。

デイサービス

デイサービスも同様に、利用者が施設に通い、一定期間のみ業務を行うため、移動や重い物の持ち運びが少なくなります。

ご自分で動ける利用者さんも多いですので、入浴介助対応も腰への負荷が比較的軽減されます。

グループホーム

利用者の生活全般をサポートするため、介助業務に加えて日常生活のサポートが主な業務となるため、身体への負担が分散されます。

腰痛に悩む方におすすめの職種

腰痛に悩む介護職員が別の職種へ転職する場合、以下の職種がおすすめです。

介護事務

介護施設の事務業務を担当する職種です。

介護業務に比べて身体的負荷は軽く、オフィスでの業務が中心となるため、腰痛のリスクが低いです。

介護支援専門員やケアマネージャー

相談支援員系の職種も腰痛の負荷が比較的少ない職種と言えます。

介護用品や福祉機器の販売やレンタル、介護サービスのマネージメント

介護業界と関連するが直接的な負荷の少ない職種です。介護現場に比べて身体的な負担は少なく、腰痛のリスクを軽減することができます。

人間関係の良い職場はここで見つかる!
\まずは1分で登録(無料)/

介護転職の口コミNo.1。キャリアアドバイザーの対応がていねい。
詳細を見る 公式ページで登録(無料)

転職・就職活動を無料でサポート。年間転職成功実績1万件!
詳細を見る 公式ページで登録(無料)

まとめ

介護職と腰痛問題について検討してきました。腰痛は介護職員の退職理由の一つとなっており、その原因は様々です。

しかし、腰痛対策を適切に行うことで、予防や軽減が可能です。

介護業務においては、適切な姿勢や動作の改善、ストレッチや適度な運動の実施が重要です。

また、腰痛が発生した場合には、早めの診断と適切な治療を受けることが必要です。

腰痛に悩む介護職員が退職を検討する場合には、夜勤や健康状態、生活の質などを考慮しましょう。

負担の少ない職場や別の職種への転職も一つの選択肢となります!

人気記事

ライター紹介

おーすけ

おーすけ

パニック障害持ち。HSP気質。介護施設の元・事務職員。現在は業務委託で在宅作業。介護施設で介護職員や看護師の苦労を目の当たりにし、IT化による業務効率化を支援してきました。しかしながら、他人の目を過剰に意識して「ええかっこ」をしようとして仕事を限界以上に抱え込み自身が体調を崩して退職。介護士や看護師の方々には尊敬の想いしかありません。このブログで発信する情報が何かの役に立てばと願っています。脱「ええかっこしい」でゆる~く楽な生活へ。(資格:日商簿記2級、ITパスポート)

TOP