もう介護の仕事を辞めたい。「辞める前提」で新たなスキルと収入をゲットする方法

この記事で解決できるお悩み

介護職「人手不足」の現実!現場の悲惨な状況とは?
崩壊寸前の介護現場がもたらす深刻な悩み4選
勇気を振り絞って転職!新しいキャリアで充実した介護人生へ

「介護現場は人手不足で限界、辞めたい」

そんな悩みを抱える介護職スタッフの皆さんへ。

現在、介護現場の人手不足は深刻な問題となっており、その影響は日々の業務にも及んでいます。

しかし、退職を決断する前に、ぜひこの記事を読んでください。

人手不足による悩みや問題を解決し、転職をスムーズに進めるための有益な情報が詰まっています。あなたの未来をより良い方向へ導くためのヒントがここにあります。

介護現場の人手不足の実情

まずは、介護現場の人手不足がどのような状況にあるのかを把握しましょう。

高齢化社会の進展に伴い、介護需要はますます増加していますが、介護職の確保が追いつかず、多くの施設で人手不足が深刻化しています。

残業の増加

人手不足のため、介護施設や在宅ケアの現場では、職員の残業が増えています。

日々の業務量をこなすために、残業が当たり前となってしまっています。

長時間の労働は、職員の身体的・精神的な負担を増大させ、働き続ける意欲を低下させる要因となっています。

業務負荷の重さ

人手不足のため、一人の介護職員が多くの利用者を担当するケースが増えています。

その結果、業務負荷が非常に重くなり、適切なケアを提供することが難しくなっています。

介護職員は利用者の身体介助や日常生活のサポート、医療処置など多岐にわたる業務をこなさなければならず、その負担は非常に大きいです。

関連記事
image
介護職と悪魔の腰痛問題、退職要因:治し方、負担の軽減、そして働き続ける選択肢は?この記事で解決できるお悩み友達が教えてくれた介護職の腰痛要因介護業務シーンに合わせた腰痛対策ガイド腰痛改善・治療……

休日の確保の難しさ

人手不足のため、介護職員の休日の確保が非常に難しくなっています。

シフトの穴埋めや急な欠員対応などが常態化しており、職員のプライベートな時間が制約を受けることが多くなっています。

連勤や短い休暇の繰り返しにより、職員のストレスが蓄積し、心身の健康に悪影響を及ぼす可能性もあります。

慢性化した疲労による気力低下

人手不足が長期化すると、介護職員は慢性的な疲労に悩まされることが多くなります。

長時間の勤務や過重な業務負荷により、身体的な疲労だけでなく、精神的な疲労も蓄積されます。

これにより、職員の気力が低下し、モチベーションの維持が難しくなるばかりでなく、仕事への満足度も低下する可能性があります。

介護職の人手不足は、職員だけでなく利用者にとっても大きな問題です。
これらの影響が退職を考えるきっかけとなる場合もあります。

人手不足で起きる問題・悩み

介護現場における人手不足は、様々な問題と悩みを引き起こしています。

ここでは、人手不足がもたらす具体的な問題や悩みについて詳しく探っていきましょう。

個別の利用者ケアの質の低下

人手不足のため、介護職員の一人あたりのケア時間が不十分になることがあります。

これにより、利用者一人ひとりへの個別のケアが充分に行き届かなくなります。

必要な介助や支援が適切に行われないため、利用者の生活の質や安全性が低下する可能性があります。

チームワークの乱れ

人手不足の中で働く介護職員は、日々の業務に追われるため、チーム内のコミュニケーションや連携が滞ることがあります。

情報共有や連携が不十分になると、業務の効率性や質が低下し、スムーズなケアが提供できなくなる可能性があります。

また、ストレスや疲労が蓄積され、職場の雰囲気にも悪影響を及ぼすことがあります。

施設設備の修繕放置

人手不足のため、施設内の設備の修繕やメンテナンスが十分に行われないことがあります。

介護職員は日々の業務に追われているため、施設の改修や修繕にまで手が回りにくくなります。

これにより、施設の設備の老朽化や機能の低下が進み、利用者や職員の安全性に問題が生じる可能性があります。

事故報告の増加

人手不足の状況下では、職員の負担が増え、ミスや事故の発生リスクが高まります。

介護職は日々の忙しさや高い負荷により、ミスを犯してしまうことがあります。

その結果、事故や誤ったケアの発生が増加する可能性があります。

適切な事故報告と対策の実施は重要ですが、人手不足の状況下では迅速な対応が難しくなることもあります。

人手不足がもたらすこれらの問題や悩みは、介護職員の負担やストレスを増大させるだけでなく、利用者へのケアの質や安全性にも影響を及ぼします。

転職をスムーズに進める方法

退職を考えている方にとっては、転職先を見つけることが大きな課題となります。

しかし、適切な準備とアプローチをすることで、スムーズな転職が可能となります。

まずは、自身のスキルや経験をしっかりと整理し、強みを明確化しましょう。

次に、求人情報を収集し、転職先の条件や環境について調査しましょう。

さらに、履歴書や面接の準備を丁寧に行い、自己PRや志望動機を具体的に伝えることが重要です。

そして、転職活動をサポートしてくれるエージェントやキャリアコンサルタントの活用も検討してみましょう。

人間関係の良い職場はここで見つかる!
\まずは1分で登録(無料)/

介護転職の口コミNo.1。キャリアアドバイザーの対応がていねい。
詳細を見る 公式ページで登録(無料)

転職・就職活動を無料でサポート。年間転職成功実績1万件!
詳細を見る 公式ページで登録(無料)

まとめ

介護職における人手不足は悩みや問題を引き起こしますが、退職を考える前に転職を検討することも一つの選択肢です。

人手不足の中でも自分らしく働ける環境を見つけるために、上記のアドバイスを参考にしてみてください。

あなたの将来に向けた新たな道が開けることを願っています。

関連記事
image
介護職の求人探しならココ!転職サイト・エージェントおすすめ7選、今すぐチェック!介護転職エージェントおすすめ7選を今すぐチェック「介護職の求人探しに疲れた」「求人を見ても自分にぴったり……
関連記事
image
介護・看護単発バイト求人アプリ「カイテク」で面接なし・給与即金!空き時間をお金に変える!カイテク公式サイト介護・看護単発バイト求人アプリ「カイテク」で面接なし・給与即金!空き時間をお金に変える!……

ライター紹介

おーすけ

おーすけ

パニック障害持ち。HSP気質。介護施設の元・事務職員。現在は業務委託で在宅作業。介護施設で介護職員や看護師の苦労を目の当たりにし、IT化による業務効率化を支援してきました。しかしながら、他人の目を過剰に意識して「ええかっこ」をしようとして仕事を限界以上に抱え込み自身が体調を崩して退職。介護士や看護師の方々には尊敬の想いしかありません。このブログで発信する情報が何かの役に立てばと願っています。脱「ええかっこしい」でゆる~く楽な生活へ。(資格:日商簿記2級、ITパスポート)

TOP