看護師の“ドロドロ人間関係”。職場で織り成す衝撃的実態と、その解決策とは?

この記事で解決できるお悩み

とにかく看護師職場のドロドロ人間関係がすごい
【必読】嫌な人間への対処法
看護師は環境変化に挑め。上手な転職先選び

看護師として働く上で、職場の人間関係が円滑であることは非常に重要です。

しかし、現実には人間関係がうまくいかず、ドロドロした状況になってしまうこともあります。

本記事では、看護師が抱える職場の人間関係の悩みや問題点、そしてそれらに対処する方法について探っていきましょう。

看護師の人間関係がドロドロする要因

看護師の職場はプレッシャーと忙しさが絶えません。以下の要因が人間関係をドロドロに向かわせてしまう要因となります。

  • 対応する作業が多く心の余裕がない。忙しすぎる。
  • 命や健康に関わる仕事でプレッシャーを常に感じる。
  • 女性が多い職場であるため、陰湿な悪口、噂話、仲間はずれなど起きやすい。
  • 経験が未熟な新人や中途看護師など、現職メンバーとの格差が仕事のあつれきを生みやすい
  • 管理職である看護部長や看護師長の気質に大きく左右される。意見がコロコロ変わりヒステリックな方の場合は、その部下も疲弊し人間関係ドロドロに陥りやすい。

看護師としてマスターしておくべき対人関係の考え方

項目アドバイス
自己と他者の問題を区別する。– 自己は自己として認識し、他者の問題には介入しない姿勢を大切にする。
仕事上の協力は必要だが、他者の問題には無理に関わらない。– 他者が担当する問題や引き受けた問題に、無理に介入しないよう注意する。
他人を変えることはできない。– 他人の変化を期待せず、受け入れることを心がける。
自己の健康を優先し、過度なストレスを避ける。– うつ病や身体症状が現れそうなら、早めに信頼できる人に相談する。
ストレスが限界に達したら環境を変え、転職を考える。転職のスムーズな進め方。– ドロドロした職場環境での限界ストレス時に、転職を検討する。

看護師の職場で起こりがちな人間関係の悪い事例

看護師の職場で起こりがちな人間関係の悪い事例をご紹介します。

上司からのパワーハラスメント

上司が権力を振りかざし、過度な仕事量を強いたり、無理な命令を出したりする場合があります。

過度のパワーハラスメントにより、看護師たちはストレスや不安を抱え、職場の雰囲気が悪化します。

厄介な派閥の形成

一部の看護師たちがグループを形成し、その中でだけ情報や仕事が回っているという状況があります。

このような厄介な派閥が形成されると、他の看護師たちは情報やチャンスを得ることが難しくなり、不公平感や孤立感を抱えます。

嫉妬や陰口の横行

競争意識が高まる職場では、嫉妬や陰口が広まることがあります。

他の看護師の成果や能力を認めることなく、否定的な言葉や行動をとることで、職場の雰囲気が悪化します。

コミュニケーションの欠如

看護師同士のコミュニケーションが不十分な場合、情報共有や連携がうまく行えず、仕事の効率や質が低下します。

コミュニケーションの欠如により、職場の雰囲気が硬直化し、信頼関係が崩れることもあります。

仕事の負担の不均衡

一部の看護師が過重な業務負荷を抱え、他の看護師は比較的楽な業務しか担当しないという状況があります。

仕事の負担の不均衡が生じると、負担の大きい看護師たちはストレスや疲労を抱え、職場の不協和音が生まれます。

チームワークの欠如

チーム全体で連携し合い、患者さんのケアにあたることが重要な看護師の仕事です。

しかし、チームワークが欠如し、各個人が自己中心的な行動を取る場合、患者さんのケアに影響が出るだけでなく、職場の人間関係も悪化します。

新人看護師へのいじめ

新人看護師が入職してきた場合、時には経験者からのいじめや嫌がらせを受けることがあります。

嫌な思いをする新人看護師は、職場での居場所や自信を失い、早期退職や転職を考えることもあります。

色恋沙汰に巻き込まれる

若くて美人な看護師が入ってくると、たちまち目の敵にされることがあります。また、男性スタッフへのあからさまな態度変容などをする看護師もいます。ぶりっこな態度(色目や声色を変えるなど)が見受けられるのですが、その一方で嫉妬深く、悪口や陰口などには要注意する必要があります。

以上が看護師の職場でよく見られる人間関係の悪い事例です。
これらの事例を把握し、対処法を学ぶことで、より健全な職場環境を築く一助となるでしょう。

職場には必ず存在する嫌な人間。対処法を7個紹介

職場で嫌な人間に直面した際に役立つ対処法をご紹介します。

以下に挙げる方法は、より健全な人間関係を築くために役立つでしょう。

冷静な対応と距離の取り方

嫌な人間に対して感情的にならず、冷静に対応することが重要です。

また、その人との距離を適切に保つことで、感情的に巻き込まれるリスクを減らすことができます。

相手の意図を理解する

嫌な人間の行動や発言には、何らかの背景や意図がある場合があります。

相手の立場や思考を理解しようと努力し、その人の行動の背後にある要因を探ることで、より建設的な対応ができるかもしれません。

コミュニケーションの改善を試みる

嫌な人間との関係を改善するためには、オープンなコミュニケーションを試みることが重要です。

話し合いの場を設け、お互いの意見や不満を共有し、解決策を見つける努力をしましょう。

自己防衛のための境界設定

嫌な人間に対しては、自己防衛のために適切な境界を設定することも必要です。

自分の意見や権利をしっかり主張し、相手の攻撃的な行動や言葉に立ち向かうことが大切です。

ポジティブな関係を築くための努力

嫌な人間との関係改善を図るために、積極的にポジティブな態度や行動をとることも有効です。

相手の良い面にフォーカスし、共通の利益や目標を見つけることで、関係性が改善される可能性があります。

サポートを求める

嫌な人間との関わりが困難な場合は、信頼できる上司や人事部門に相談し、サポートを求めることも検討しましょう。

適切なアドバイスや調停を受けることで、問題解決への道が開けるかもしれません。

転職を考える

嫌な人間との関係改善が見込めない場合や、自身のメンタルヘルスに大きな影響を与える場合は、転職を検討することも一つの選択肢です。

自分自身の幸福と健康を最優先に考えることが重要です。

これらの対処法は、嫌な人間との関わり方や職場環境の改善に役立つでしょう。
ただし、状況や個人の事情に応じて最適な方法を選択することが重要です。

転職をスムーズに進める方法

転職をスムーズに進めるための5つの手順をご紹介します。

これらの手順を実践することで、あなたの転職活動がより効果的に進み、理想の職場への道が開けるでしょう。

自己分析を行い、明確なキャリア目標を設定する:

自分自身の強みや興味、価値観を見つめ直しましょう。

どのような職場でどのような役割を果たしたいのかを明確にすることは、転職活動の方向性を定めるために重要です。

職務経歴書と履歴書を充実させる:

過去の経験や実績を的確にアピールするために、職務経歴書や履歴書を見直しましょう。

自分の強みや成果を具体的に示し、応募先に適した内容に仕上げることが大切です。

絶対に欠かせない情報収集を行う:

転職先の企業や職場の情報を集めましょう。

ウェブサイトやSNS、業界関連のニュースなどを活用して、企業の文化や価値観、将来の展望などを把握しましょう。

面接時には具体的な質問を準備することも重要です。

プロフェッショナルなネットワークを活用する:

自身の人脈や業界の専門的なコミュニティを活用しましょう。

SNSや業界のイベントなどで人脈を広げ、情報や求人情報を入手することで、転職のチャンスを広げることができます。

自己PRや面接の準備を徹底する:

転職活動では面接が欠かせません。

自己PRや志望動機、具体的な事例についての準備をしっかり行いましょう。

自分の強みや経験を上手にアピールすることで、採用担当者の印象を高めることができます。

これらの手順を実践することで、転職活動をスムーズに進めることができます。
自己分析を通じて自身のキャリア目標を明確にし、自己PRや面接の準備を徹底することで、理想の職場への転職を成功させましょう。自信を持って行動し、新たなステップへ踏み出しましょう。

転職エージェントの有効活用

転職を考えている方にとって、転職エージェントは非常に有用なツールです。

転職エージェントは、求職者と企業とのマッチングを専門に行うサービスであり、求職者のスキルや経験、希望条件に基づいて最適な求人情報を提供してくれます。

人間関係の良い職場はここで見つかる!
\まずは1分で登録(無料)/

年間10万人以上の看護師さんが利用!オリコン満足度1位。転職実績で選ぶならここ。
詳細を見る 公式ページで登録(無料)

業界最大級の求人数!職場訪問に基づく詳細な転職情報で、アドバイザー対応No.1。
詳細を見る 公式ページで登録(無料)

対応満足度上位に毎年ランクイン!全国各地の情報を網羅。丁寧サポートで人気。
詳細を見る 公式ページで登録(無料)

まとめ

看護師として働く上での人間関係の重要性は言うまでもありません。

しかし、悪い人間関係に悩まされることもあるかもしれません。

本記事を通じて、読者の方々がより良い職場環境を築き、充実した看護師人生を送るためのヒントを探ってきました。

現状改善のアプローチ、あるいは転職による職場転換。

困難に立ち向かい、前向きな選択をすることで、新たなステージへ進む道が開けることを願っています。

看護師の転職は今がチャンス!選りすぐりの転職サイト・エージェント4選はこれ!

ライター紹介

おーすけ

おーすけ

パニック障害持ち。HSP気質。介護施設の元・事務職員。現在は業務委託で在宅作業。介護施設で介護職員や看護師の苦労を目の当たりにし、IT化による業務効率化を支援してきました。しかしながら、他人の目を過剰に意識して「ええかっこ」をしようとして仕事を限界以上に抱え込み自身が体調を崩して退職。介護士や看護師の方々には尊敬の想いしかありません。このブログで発信する情報が何かの役に立てばと願っています。脱「ええかっこしい」でゆる~く楽な生活へ。(資格:日商簿記2級、ITパスポート)

TOP