看護師を二度とやらない理由と新たな生き方の提案

この記事で解決できるお悩み

友人が教えてくれた看護師を二度とやらない理由
今、知りたい看護師仕事の嫌な部分
脱・看護師、異業種の仕事バリエーション

看護師として長く働いてきたあなたが、「看護師を二度とやらない」と確定的な決意をしているのは何故でしょうか?

この記事では、看護師の仕事に対する確定的な理由や、なぜ看護師の仕事が嫌だったのかについて詳しく探っていきます。

さらに、看護師ではない新たな生き方の提案もご紹介します。看護師としての経験を活かしながら、より充実した人生を歩むためのヒントをお届けします。

看護師を二度とやらない確定的な理由

【身体的・精神的負荷の重さ】

  • 「毎日の連続勤務で体力的にヘトヘトになってしまったんだよ。もう限界だったな」
  • 「患者さんの苦しみを目の当たりにすると、心が痛んでしまうんだ。もう受け止めきれなかったよ」
  • 「看護師の仕事は常に高い集中力が求められる。疲れ果ててしまったんだ」
  • 「24時間の待機勤務は私にとって物理的・精神的に限界だった。もうやってられなかった」
  • 「夜勤明けの眠気や疲労感が次第にたまっていき、私自身の健康も損なわれていったんだ」

【勤務時間やシフトの不規則さ】

  • 「シフト表を見るたびに、自分の予定が立てづらくなっていたんだ。もう自由な時間が欲しかった」
  • 「休日出勤が多くなって、家族との時間が減っていった。もう家族との絆を取り戻したかった」
  • 「土日祝日も働かされて、友人との予定が合わせづらくなっていたなぁ」
  • 「夜勤明けの日はまともに睡眠が取れず、日常生活のリズムが乱れていたんだ」
  • 「自分の時間を作ることができず、自己充実や趣味に没頭できなくなっていたよ」

【給与面の不満】

  • 「看護師としての責任や労働量に比べて給与が低いと感じていたんだ。もっと公平な報酬が欲しかったな」
  • 「経済的な不安が常につきまとう職業だったんだ。もう少し収入が安定していたらなぁ」
  • 「多忙な勤務にもかかわらず、給与の見返りが少なくて不満だったな」
  • 「資格やスキルを身につけてきたのに、給与アップの見込みが少なく将来性を感じられなかったよ」
  • 「私たち看護師の仕事の重要性に対して、給与面での評価が不十分だったんだ」

【看護師としてのストレスや責任の重さ】

  • 「患者さんの命を預かるという重責に耐えきれなくなってしまったんだ」
  • 「看護ミスをしてしまった時の責任感と罪悪感が辛かったな」
  • 「人々の命を救うために尽力することは誇りだったけど、次第に心に負担がかかってきたんだ」
  • 「職場の人間関係や上下関係のストレスも大きかった。もう続けられなかったよ」
  • 「夜勤での忙しさや緊急事態への対応に精神的なストレスを感じることが多かったんだ」

【患者との感情的なつながりや別れの苦しさ】

  • 「患者さんとのつながりが深まる一方で、別れがつらくなっていったんだ」
  • 「長い間面倒を見てきた患者さんが亡くなると、心の中に大きな喪失感が残ったな」
  • 「感情的に強い絆を築くことが看護師の役割だけど、それが私自身に大きな負担となっていったんだ」
  • 「患者さんの苦しみや痛みを共有することは重要だけど、次第に自分自身も疲弊していったよ」
  • 「看護師としての役割を果たす一方で、感情的な面での辛さがつらかったんだ」

【人間関係の複雑さと職場のストレス】

  • 「職場での人間関係の複雑さや人間ドラマが疲れる日々だったよ」
  • 「上司や同僚とのコミュニケーションに疲れてしまって、職場での居場所がないと感じていたんだ」
  • 「人間関係のトラブルやいじめの問題もあったな。もうそんな環境で働きたくなかった」
  • 「職場の競争や評価の不公平さがストレスの原因となっていたんだ」
  • 「職場の雰囲気が悪くなってきて、働く意欲がだんだん失われていったよ」
関連記事
読み込み中...読み込み中...

【専門性を活かせない状況への不満】

  • 「自分の専門知識や技術を活かす機会が少なくなっていって、もどかしさを感じたな」
  • 「病院や施設のシステムやルールに縛られ、自由な看護活動ができないと感じたんだ」
  • 「専門性やスキルを発揮する場が限られていて、もっと成長できる環境を求めたかったな」
  • 「ルーティンワークが主体で、自分の能力を発揮する機会が少なかったんだ」
  • 「看護師としての知識や経験を活かす場がなくなっていくと、やりがいも薄れていったよ」

【働き方改革の進まなさと労働環境の問題】

  • 「長時間労働が当たり前で、働き方改革が進まない状況にうんざりしていたんだ」
  • 「休暇の取得が難しく、仕事とプライベートのバランスが取りづらくなっていたな」
  • 「労働環境の改善が遅く、職場のストレスが増える一方だったんだ」
  • 「休日や休憩時間の確保が不十分で、心身ともに疲弊していったよ」
  • 「働き方や労働時間のルールが不明確で、適切な労働環境を求めていたんだ」

看護師の仕事は何が嫌だったか?を端的にまとめると

「看護師の仕事が自分に合わず嫌になってしまった」という理由を端的にまとめてみました。

  • 患者の痛みや苦しみを見ることのつらさ
  • 無理な勤務シフトによる生活の乱れ
  • 上司や同僚とのコミュニケーションの難しさ
  • 経済的な報酬に見合わない労働内容
  • 職場の人間関係のトラブルやパワーハラスメント
  • 患者との別れや看取りの辛さ
  • 健康状態の悪化やプライベートの時間の不足

看護師ではない生き方の提案

適職診断(無料)-「転職ならDODA(デューダ)」 \おすすめ!/

「医療関連企業での営業や研修職への転身」

看護師として培ったコミュニケーションスキルや医療知識を生かし、医療関連企業の営業や研修職への転身を考えてみませんか?

製薬会社や医療機器メーカーなどで、医療従事者との関係性を活かしながら新たなキャリアを築くことができます。

「保険業界や福祉関連の仕事への挑戦」

看護師の経験は保険業界や福祉関連の仕事でも大きな価値を持ちます。

保険会社の健康保険部門や介護保険のアドバイザーなど、人々の健康や福祉に関わる仕事で、自身の専門知識と人間関係構築のスキルを活かして活躍することができます。

「自身の経験を活かした看護教育や指導職への転向」

看護師の経験や知識を次世代の看護師へ伝える役割もあります。

看護教育機関や病院の教育部門での指導職に転向することで、若い看護師の育成や教育プログラムの開発に携わることができます。

自身の経験を生かしながら、看護の未来を支える存在となりましょう。

「健康関連の自営業やコンサルティング業務の開始」

看護師の経験を活かし、健康関連の自営業やコンサルティング業務に挑戦してみませんか?

健康管理や予防医療のコンサルタントとして、個人や企業に対してアドバイスや指導を行うことができます。

自身の専門知識と経験を活かし、新たなキャリアを切り拓いてください。

「看護師としての経験を活かしながら異業種へのチャレンジ」

看護師としての経験は、異業種でのキャリアチェンジにも大いに役立ちます。

例えば、ホテルや航空会社の客室乗務員、保育士、介護職など、人との接客やケアを必要とする職業に挑戦してみませんか?

看護師として培ったスキルや経験が、新しい職場で活躍の場を広げることに繋がるでしょう。

どれか一つの提案に興味を持たれた方もいれば、複数の提案が魅力的に感じられる方もいるかもしれません。
自身の夢や目標を見つけ、看護師とは違う新たな世界で輝く未来を切り拓いてください。

【まとめ】

看護師を二度とやらないという確定的な決意に至ったあなたの想いは真摯であり、尊重されるべきものです。

看護師の仕事には嫌な面もありましたが、それを乗り越えたあなたには新たな生き方の可能性が広がっています。

自身の経験やスキルを活かしながら、医療や福祉関連以外の職業にチャレンジすることで、充実した人生を手に入れることができるでしょう。

未来への希望を持ち、自分自身を大切にしながら新たな道を歩んでください!

関連記事
image
看護師の求人探しは今がチャンス!選りすぐりの転職サイト・エージェント4選はこれ!看護師転職エージェントおすすめ4選を今すぐチェック求人への応募は新たなステップへの踏み出しであり、頼れるパートナ……
関連記事
image
介護・看護単発バイト求人アプリ「カイテク」で面接なし・給与即金!空き時間をお金に変える!カイテク公式サイト介護・看護単発バイト求人アプリ「カイテク」で面接なし・給与即金!空き時間をお金に変える!……

ライター紹介

おーすけ

おーすけ

パニック障害持ち。HSP気質。介護施設の元・事務職員。現在は業務委託で在宅作業。介護施設で介護職員や看護師の苦労を目の当たりにし、IT化による業務効率化を支援してきました。しかしながら、他人の目を過剰に意識して「ええかっこ」をしようとして仕事を限界以上に抱え込み自身が体調を崩して退職。介護士や看護師の方々には尊敬の想いしかありません。このブログで発信する情報が何かの役に立てばと願っています。脱「ええかっこしい」でゆる~く楽な生活へ。(資格:日商簿記2級、ITパスポート)

TOP