驚きの早さ!転職したばかりの看護師が1ヶ月で職場を辞める真相と、退職判断のポイント

この記事で解決できるお悩み

転職したばかりなのに、たった1ヶ月で辞めたくなる要因
【実例】1ヶ月で辞めた看護師の声
退職タイミングの決め手
土壇場の転職対策

看護師として転職したものの、わずか1ヶ月で退職を考えるという状況に悩んでいる方も少なくありません。

新しい環境に適応することが難しかったり、職場の問題に直面したりすることもあるでしょう。

記事では、看護師として転職後、1ヶ月で辞めるべきかどうかの判断ポイントや、実際に辞めた人の実例を交えながら、退職をするための知恵や転職活動のアドバイスをご紹介します。

看護師が転職先を1ヶ月以内に辞めていいのかの判断ポイント

看護師として1ヶ月勤めた後に退職を考える場合、以下のポイントを考慮しましょう。

自身の働きやすさと成長

新しい職場環境での満足度を客観的に評価し、自身の成長につながるかを考えます。

職場の文化や人間関係、労働条件などが自身に合っているかどうかを検討しましょう。

身体やメンタルに異常をきたしてしまう事態だけは避けてくださいね。

職場の問題点の客観的な分析

職場での問題点を客観的に分析し、改善の余地があるかを考えます。

コミュニケーションや人間関係の改善、労働環境の整備など、解決策を見つけることができるかを考慮しましょう。

仕事内容が思っていたのと違う:

転職前のイメージと実際の業務内容が異なり、自身の興味や適性に合わないと感じることがあります。

例えば、専門分野や患者層が異なる、業務負荷や責任が予想以上に大きいなどの理由が挙げられます。

人間関係がうまくいかない:

職場の人間関係が円滑でないことが辞めたい理由となることがあります。

チームメンバーや上司とのコミュニケーションが難しい、いじめや嫌がらせがある、協力体制やサポートが不十分などが問題として挙げられます。

残業が多すぎる:

長時間の労働や過重な残業が続くことで、仕事とプライベートのバランスが取りづらくなり、辞めたいと思うことがあります。

健康や生活の質を損なう可能性も考えられます。

給料が低い:

経済的な面での不満や不安が原因で、転職したばかりで給料が低いことに不満を抱くことがあります。

労働に見合った報酬を得られないと感じる場合、辞めたいと思う要因となるでしょう。

休みが少ない:

ワークライフバランスが取りづらい状況になることで、休暇や休日が不足していると感じることがあります。

十分な休息や自己の時間を確保できない場合、心身の健康への影響が懸念され、辞めたいと思うことがあります。

通勤時間が長い:

通勤に時間がかかり、その負担が大きい場合は、毎日の往復がストレスとなります。

長時間の通勤が仕事へのやる気やパフォーマンスに悪影響を与える可能性もあり、転職を考えるきっかけとなるでしょう。

職場の環境が悪い:

労働条件や職場の雰囲気が良くない場合、働きづらさやストレスが生じます。

例えば、不衛生な環境、設備や備品の不備、安全対策の不足などが挙げられます。

自分のスキルやキャリアアップにつながらない

転職した目的がスキルやキャリアの成長であるにもかかわらず、現職での成長やステップアップの機会が少ない場合は、やりがいやモチベーションが低下し、辞めたいと感じることがあります。

ミスマッチは大きな損失です。道を間違えたと感じたなら、すぐに軌道修正することをおすすめします。

実例から学ぶ、1ヶ月以内で辞めた看護師の声

実際に1ヶ月以内で退職を決断した看護師の声を紹介します。

参考事例1:身体に異常をきたしてしまうと思い退職

「つい先日も入職後3週間で辞めました。しかも即日。電話で意志を伝えて後は郵送で済みました。もちろん、他のスタッフの事も考えたら心が痛い思いでした。しかし、ずっと辞めたいと思いながら仕事をしていたら、身体に異常をきたしてしまうと思い、自分勝手ですが、退職しました。

試用期間なら即日退職も可能だと思います。失業保険は過去一年間に半年以上(職場は関係なく)働いていたら大丈夫なので、それに当てはまるなら、以前働いていた所からもらった離職表をハローワークへ持って行き、手続きすれば、良いと思います。

最後に、看護師は地域に沢山います。すぐ辞める人なんてざらです。よっぽどの事がない限り、噂なんて立ちません。今後の就職には、そこまで不利な事はないと思いますが、履歴書に書けば、理由は聞かれるかもしれません。」

(参考:Yahooしごとカタログ

参考事例2:早期退職と社会保険加入の関係性

早期退職であれば、職歴に傷がつかないことあります。
経歴書に書かなくてもよいってやつです。

その分岐点は、社会保険に加入したかどうかです。
加入すると、次の職場に履歴がバレますので。

でも加入していなければ、バレないので、履歴書に書かなければ、職歴としてカウントされません。
つまり早期退職自体、無かったことに出来ます。

私が3日で辞めた病院は、社会保険の加入前でした。
なので履歴書には書いていません。

1ヵ月で辞めた時も、試用期間中だったので、加入前でした。
2ヵ月で辞めた時は、加入後だったので、職歴に書いています。

なので、病院側に社会保険の手続きをされる前に退職するのがオススメです。
「退職したい」と伝えるだけで、加入手続きをストップするはずなので、早めに伝えるのが大切かなと思います。

(参考:看護師の転職を考えるきっかけとは?

参考事例3:業務に疑問を感じ退職を決断

昨年の12月に5年勤めた特養を退社し、1月に療養型病棟に再就職しました。
が、業務に疑問を感じ1ヶ月で辞めました。
(経費削減らしく、キッチンペーパーをおしりふきにしようという話し合いを真剣にしていたので、呆れて辞めてしまいました。)現在は精神科病院で働いていますが、試用期間中であり自分で言うのも変ですが馴染めてないのがよくわかります(笑)
部屋持ち業務もなく…毎日薬出しのみです(泣)一緒に入った方は、リーダー業務もこなしています。何かが違うんでしょうね(笑)
悩むのもばかばかしくなってきたので、いつでも辞めれる❗と思って毎日過ごす事にします。
転職活動もしながら(笑)(参考:看護師お悩み相談室
関連記事
読み込み中...読み込み中...

退職をするための知恵と転職活動のアドバイス

退職をスムーズに進めるための知恵や、その後の転職活動に役立つアドバイスをご紹介します。

上手な退職の方法とタイミング

退職は人生の重要な決断の一つであり、円満に辞めるためには適切な方法とタイミングが重要です。

以下では、上手な退職の方法とタイミングについて詳しく解説し、円満な退職を実現するポイントをご紹介します。

退職届の提出方法とタイミングを知る

退職届の提出方法やタイミングは、職場や労働法によって異なる場合があります。

まずは職場のルールや労働契約書を確認し、正式な手続きを取る必要があります。

通常、退職届は書面で提出する必要がありますので、事前に書式や提出先を確認しておきましょう。

また、退職のタイミングも慎重に考える必要があります。他のスタッフや患者への影響を最小限に抑えるためにも、最適なタイミングを見極めましょう。

コミュニケーションを重視する

退職を考える前に、上司や同僚とのコミュニケーションを試みることが大切です。

自分の辞めたい理由や不満点を率直に伝え、改善の余地があるのか相談してみましょう。

場合によっては、職場の問題点が解決され、継続して働く意欲が湧くかもしれません。

また、コミュニケーションを通じて、円満な退職に向けたサポートや引継ぎの方法を相談することも重要です。

退職は大きな決断ですが、上手な方法とタイミングを選ぶことで円満な退職を実現することができます。
退職届の提出方法とタイミングを適切に把握し、コミュニケーションを重視しながら円滑な引継ぎを行いましょう。
これによって、今後の転職活動や次のキャリアへのステップアップにも良い影響を与えることができます。

給与や退職手当の確認

退職を考える際には、給与や退職手当に関する確認事項をしっかりと押さえることが重要です。

自身の権利を守るために、以下のポイントに注意しましょう。

給与の精算方法と未払い残業代の確認

退職時には、まだ受け取っていない給与や未払いの残業代がある場合があります。

退職前に正確な給与明細を入手し、残業代や特別手当などの未払い分がある場合は、必ず確認しましょう。

労働契約や労働基準法に基づいて正当な支払いを受ける権利がありますので、適正な金額が支給されているか確認し、必要ならば適切な対応を求めましょう。

退職手続きにおける注意点

退職手続きには、退職届の提出や必要な書類の準備などが含まれます。

適切な手続きを行うためには、退職に関する規定やマニュアルを確認し、指示に従って進めることが重要です。

また、必要な書類や証明書(例:健康保険証)を退職前にまとめておくことも忘れずに行いましょう。

円滑な退職手続きを進めることで、後々のトラブルや手続きの遅れを防ぐことができます。

退職前に給与や退職手当についての確認を怠らず、自身の権利をしっかりと守りましょう。
円満な退職を実現し、次のステップに進むための準備を整えることが大切です。

転職活動の準備とアドバイス

転職を考える場合、次のステップに進むために準備を整えることが重要です。

以下では、転職活動の準備とアドバイスについて具体的に解説します。

履歴書と職務経歴書の作成

転職活動の際には、魅力的な履歴書と職務経歴書を用意することが必要です。

以下のポイントに注意しながら作成しましょう。

経験・実績を具体表現過去の業績や成果を具体的に示しましょう。
数値や具体的な事例を挙げることで、自身の能力やスキルをアピールすることができます。
自己PRの工夫自己PRのセクションでは、自身の強みや特徴を強調しましょう。
他の候補者との差別化が重要です。自身の価値を明確に伝えることで、求人企業の興味を引くことができます。
推薦状や賞罰歴の準備必要な場合は推薦状や賞罰歴などの証拠書類を準備しましょう。
これらの資料は信頼性や実績を裏付けるものとして重要です。

転職サイトの活用

転職活動においては、頼りになる転職サイトや求人情報の活用が役立ちます。

以下のポイントに注意しながら活用しましょう。

看護師専門の転職サイトの選定基準看護師専門の転職サイトを選ぶ際には、信頼性や実績、利用者の声などを参考にしましょう。
公開されている求人情報の質や量も重要な要素です。
リアルな声や評判の参考転職サイトや求人情報に掲載されている情報だけでなく、実際にそのサイトを利用した人の声や評判を参考にしましょう。
信頼できる口コミサイトやSNSなどから情報を集めることが有益です。
自分に合った求人情報の選択自身の希望やキャリア目標に合った求人情報を選ぶことが重要です。
勤務条件や給与、キャリアパスなどをしっかりと確認し、自分に最適な選択肢を見つけましょう。
人間関係の良い職場はここで見つかる!
\まずは1分で登録(無料)/

年間10万人以上の看護師さんが利用!オリコン満足度1位。転職実績で選ぶならここ。
詳細を見る 公式ページで登録(無料)

業界最大級の求人数!職場訪問に基づく詳細な転職情報で、アドバイザー対応No.1。
詳細を見る 公式ページで登録(無料)

対応満足度上位に毎年ランクイン!全国各地の情報を網羅。丁寧サポートで人気。
詳細を見る 公式ページで登録(無料)
転職活動は新たな可能性を追求する大切なステップです。
準備を十分に行い、自身のキャリアに繋がる転職先を見つけるために努力しましょう。
信念を持ちながら前に進み、自分にとって最良の選択を実現しましょう。

まとめ

看護師として転職後、1ヶ月で辞めることは一定の事情がある場合もあります。

自身の満足度や成長への期待、職場の問題点などを客観的に分析し、冷静な判断を行いましょう。

また、実際に1ヶ月で辞めた看護師の実例から学び、退職をスムーズに進めるための知恵を身につけましょう。

さらに、転職活動においても慎重に判断し、自身の希望や目標に合致した職場を見つけるためのアドバイスを活用してください。

新たなステップへの転職がより成功に近づくことを願っています!

看護師の転職は今がチャンス!選りすぐりの転職サイト・エージェント4選はこれ!

ライター紹介

おーすけ

おーすけ

パニック障害持ち。HSP気質。介護施設の元・事務職員。現在は業務委託で在宅作業。介護施設で介護職員や看護師の苦労を目の当たりにし、IT化による業務効率化を支援してきました。しかしながら、他人の目を過剰に意識して「ええかっこ」をしようとして仕事を限界以上に抱え込み自身が体調を崩して退職。介護士や看護師の方々には尊敬の想いしかありません。このブログで発信する情報が何かの役に立てばと願っています。脱「ええかっこしい」でゆる~く楽な生活へ。(資格:日商簿記2級、ITパスポート)

TOP