看護師の給料は割に合わない!?不満を感じる理由と給与格差を改善する秘策とは

この記事で解決できるお悩み

友人が教えてくれた看護師の給料が割に合わない理由
今、知りたい給与アップの条件
今こそ始める看護師スペシャリストへの道
看護師キャリアプランなくして理想の職場と給料向上なし

看護師として働く多くの方々が、給料が割に合わないと感じることがあります。

しかし、適切なアプローチや選択肢を持つことで、給料を改善する方法が存在します。

本記事では、看護師の給料が割に合わないと感じる方々への解決策と実際の事例を紹介します。

「看護師の給料は割に合わない」と感じる理由・不満7選

「長時間労働や深夜勤務などの負担が大きいのに、給料が思ったよりも低く感じる」

看護師の仕事は24時間体制で行われるため、長時間の労働や深夜勤務などの負担が大きいです。

しかし、その労働に対して給料が思ったよりも低く感じる場合があります。

これは、労働条件と給与水準のバランスが取れていないことや、看護師の仕事の社会的評価が不十分なことが原因とされています。

「私が担当する患者さんの数や状態に応じて責任が重くなるのに、給与面での評価が不十分」

看護師は患者さんのケアや健康管理において重要な役割を果たしています。

しかし、担当する患者さんの数や状態に応じて責任が重くなる一方で、給与面での評価が不十分であると感じることがあります。

これは、看護師の責任や役割に見合った適切な報酬体制が整っていないことが要因となっています。

「他の業界と比べて、同じくらいの経験やスキルを持つ人に比べて給料が低い」

看護師は高度な専門知識やスキルを持つ職業ですが、他の業界と比べて同じくらいの経験やスキルを持つ人に比べて給料が低いと感じることがあります。

これは、看護師の給与体系が他の職業と比べて見劣りしていることや、看護師の社会的評価が不十分であることが影響しています。

「資格や継続的な教育に費用や時間をかけているのに、給料にそれが反映されていない」

看護師は資格取得や継続的な教育を行うことが求められますが、そのためには費用や時間を負担する必要があります。

しかし、このような努力や投資が給料に十分に反映されていないと感じることがあります。

看護師の専門性やスキルの向上に対する適切な報酬体制の整備が求められます。

「給料の上昇がなかなか見込めず、モチベーションの維持が難しい」

給料の上昇がなかなか見込めない状況では、看護師のモチベーションの維持が難しくなることがあります。

給与面での評価やキャリアアップの機会が限られていることは、看護師のやる気やパフォーマンスに影響を与える可能性があります。

「看護師としての貢献度や社会的価値を考えると、現在の給料が割に合わないと感じる」

看護師は患者さんやその家族に対して重要な支援やケアを提供しています。

その貢献度や社会的価値を考えると、現在の給料が割に合わないと感じることがあります。

看護師の仕事への情熱と給与水準のギャップが、給料の割に合わないという感情を生むことがあります。

「家庭や生活の負担が増えるにつれて、給料の不足を強く感じる」

看護師の仕事は身体的・精神的に負荷の高いものであり、家庭や生活の負担も大きくなることがあります。

このような状況下で給料の不足を強く感じることがあります。

経済的な安定や家計のやり繰りのために、適切な給与が必要とされます。

給料が低いと感じる原因は業務負担の大きさ

人手不足が続く看護師の労働環境。業務負担はかなりのものがあります。

つまり、仕事や人間関係の大変さが「こんな給料でやってられるか!」という気持ちを生み出すのです。

「業務負担」と「給料の額」がうまくマッチしていれば不満は出てこないんですよね。

給与不満の出にくい環境は以下のようなものです。

  • 「これぐらいの給与額なら今の仕事と釣り合う」という納得感がある職場
  • 休む暇もないような忙しい職場ではない
  • サービス残業がほとんどない
  • 職員同士の仲がよく、適度な距離感と思いやりがある
  • 自分が好きと思える分野で働いている

割に合わない給料」という感覚は職場の業務負担度に大きく影響されるもの。

看護スキルを身につけられる職場であれば給与条件交渉の余地もあります。

もし今の職場に特にこだわりがなければ、給与条件のよい職場へ転職するアプローチがよいかもしれません。

看護師の給料をアップさせる具体的なアプローチ

給料アップの重要性

給料は工夫次第で変動できるものです。

看護師として自身の経験やスキルを適切に評価してもらったり、手当をしっかり狙った働き方など。

労働単価を上げていく工夫が大切になります。

具体的なアプローチ

給与アップをするには、自身の成果や貢献、資格や特別なスキルの有無をアピールすることが重要です。

  • 夜勤に入る回数を増やす
  • 日々の業務で貢献を示すことで、昇進・役職を得る
  • 認定看護師、専門看護師の資格取得
  • 現在の職場より高い給料を用意してくれる職場へ転職する

給与をアップするということは何かしら裏付けが必要です。

やはり努力は必要になりますので、ぜひ今すぐ行動を開始して給与アップを目指しましょう。

看護師スペシャリストとしての道を選ぶメリットと事例

看護師スペシャリストの選択で給料を上げる

看護師の中には、特定の分野に特化することで給料を向上させる道を選ぶ方もいます。

例えば、集中治療室や手術室、救急医療など、高度なスキルが求められる分野です。

観察力や判断力、さらに幅広い知識を日々学び続けることでスペシャリスト看護師に近づけます。

事例紹介

集中治療室の仕事内容

さまざまな疾患や事故などで重篤な状態に陥った患者を集中してケアする仕事。

専門的な知識やスキルだけではなく、患者の全身状態を総合的に管理することが求められます。

高度な知識を必要とするので、仕事内容は難しく、また気の抜けない場所となっています。

(参考:なるほど!ジョブメドレー

救急医療の仕事内容

救急医療施設だけでなく、ドクターヘリや災害現場などで医療を必要とする人々に対する迅速かつ適切な看護実践を行う仕事。

救急看護師には、迅速な判断力、高度な知識、確実な救急処置 の技術、適切なストレス対処能力などが求められます。

意識がなかったり、声に出して『痛い』と伝えることができなかったりする患者様の対応など「患者様第一」の判断力・リスク管理が必要です。

(参考:日本救急看護学会

人間関係の良い職場はここで見つかる!
\まずは1分で登録(無料)/

年間10万人以上の看護師さんが利用!オリコン満足度1位。転職実績で選ぶならここ。
詳細を見る 公式ページで登録(無料)

業界最大級の求人数!職場訪問に基づく詳細な転職情報で、アドバイザー対応No.1。
詳細を見る 公式ページで登録(無料)

対応満足度上位に毎年ランクイン!全国各地の情報を網羅。丁寧サポートで人気。
詳細を見る 公式ページで登録(無料)

看護師のキャリアプランを描く方法と資格事例

キャリアプランを描き実現に向けて行動する

看護師は、キャリアプランを描いて自らに必要な経験や資格を見定めることができます。

昇進や管理職への道、教育・研究職への進路など、自身のキャリアプランを見極めることが重要です。

資格の参考事例

実際に看護師としてキャリアアップし、給料向上を目指す際には資格が必要なこともあります。

資格取得は自らのキャリアを広げるチャンス。自身のモチベーション向上にもつなげることができます。

資格概要
専門看護師特定分野において専門的な知識・技術を有することを示す資格
認定看護師特定分野において深い知識・技術を有することを示す資格
ケアマネジャー介護、支援が必要な高齢者や障害者に向けた最適なケアプラン作成やサービス実施ができることを示す資格
臨床心理士臨床心理学の知識に基づき、患者へ心のケアができることを示す資格
保健師保健師として、健康指導や健康管理ができることを示す資格
助産師出産時の介助や新生児のケアをするための知識・技術を有することを示す資格
福祉住環境コーディネーター医療・福祉・建築について体系的で幅広い知識を身につけ、高齢者や障がい者に対して住みやすい住環境を提案できることを示す資格

(参考:マネ会

まとめ

看護師の給料が割に合わないと感じる場合でも、給与交渉やスペシャリストの道、キャリアプラン検討など、様々な解決策が存在します。

自身の経験やスキルを適切に評価し、選択肢を広げることで給料の改善が可能となります。

是非、これらの解決策と成功事例を参考に、自身の給料向上に向けた一歩を踏み出してください。

関連記事
image
看護師の求人探しは今がチャンス!選りすぐりの転職サイト・エージェント4選はこれ!看護師転職エージェントおすすめ4選を今すぐチェック求人への応募は新たなステップへの踏み出しであり、頼れるパートナ……
関連記事
image
介護・看護単発バイト求人アプリ「カイテク」で面接なし・給与即金!空き時間をお金に変える!カイテク公式サイト介護・看護単発バイト求人アプリ「カイテク」で面接なし・給与即金!空き時間をお金に変える!……

ライター紹介

おーすけ

おーすけ

パニック障害持ち。HSP気質。介護施設の元・事務職員。現在は業務委託で在宅作業。介護施設で介護職員や看護師の苦労を目の当たりにし、IT化による業務効率化を支援してきました。しかしながら、他人の目を過剰に意識して「ええかっこ」をしようとして仕事を限界以上に抱え込み自身が体調を崩して退職。介護士や看護師の方々には尊敬の想いしかありません。このブログで発信する情報が何かの役に立てばと願っています。脱「ええかっこしい」でゆる~く楽な生活へ。(資格:日商簿記2級、ITパスポート)

TOP