産業保健師、産業看護職の求人、希少で倍率高し!魅力ある仕事内容をナース人材バンクから学ぶ

産業保健師、産業看護職に転職して
従業員の生産性向上に貢献。
夜勤なし、デスクワーク中心の仕事に転身!

\まずは1分で登録(無料)/

年間10万人以上の看護師さんが利用!オリコン満足度1位。転職実績で選ぶならここ。
詳細を見る 公式ページで登録(無料)

産業保健師、産業看護職の求人、希少で倍率高し!魅力ある仕事内容をナース人材バンクから学ぶ

Aさん
ねえ、最近「産業保健」とか「産業看護職」って聞くけど、それって何なの?
Bさん
そうだね、産業保健は産業医学を基にして、働く人たちの生きがいと生産性向上に貢献する活動のことなんだよ。産業医や保健師、衛生管理者が連携して職場で活動するんだ。
Aさん
なるほど。それで、産業看護職ってどう違うの?
Bさん
産業看護職は産業保健に携わる看護師や保健師を指すんだ。具体的には、保健師資格を持ち産業保健に従事している人が「産業保健師」って呼ばれるんだよ。でも、保健師資格が必須と思われがちだけど、看護師でも産業看護師として働けるんだって。

 

産業保健師、産業看護職の基本知識【注目ポイント】

  1. 産業保健の基本: 産業保健は産業医学を基にし、働く人たちの生きがいや生産性向上に貢献する活動。
  2. 産業看護職の役割: 産業看護職は産業保健に携わる看護師や保健師で、保健師資格があれば「産業保健師」と呼ばれる。
  3. 保健師資格不要: 産業看護師になるためには保健師資格が必要だと思われがちだが、看護師でも可能。
  4. 活躍の場: アンケートによると、産業保健師や産業看護師は主に「製造業」や「医療、福祉」、「運輸業、郵便業」で活躍している。
  5. 連携の重要性: 産業保健では産業医、保健師、衛生管理者が連携して働くことが重要。
  6. 保健師と看護師の違い: 保健師は資格を持つ者で、保健師資格があれば産業保健師と呼ばれる。看護師でも資格がなくても産業看護師になれる。

 

産業保健の活動内容まとめ

産業保健は働く人たちの生活や生産性向上に貢献する重要な活動。

産業看護職はその中で看護師や保健師が活躍する役割で、保健師資格があれば産業保健師と呼ばれる。

しかし、保健師資格が必須ではなく、看護師でも産業看護師になることができる。

産業保健師や産業看護師は様々な分野で活動し、連携が重要な要素となっている。

\まずは1分で登録(無料)/

年間10万人以上の看護師さんが利用!オリコン満足度1位。転職実績で選ぶならここ。
詳細を見る 公式ページで登録(無料)

 

夜勤なし、土日祝休み、デスクワークメイン!産業保健師・看護職の仕事内容とは?

Aさん
ねえ、産業保健師や看護師ってどんな仕事をするの?
Bさん
そうだね、主に企業の人事や労務部門の健康管理室などに所属して、従業員の健康管理を担当するんだよ。健康診断結果のデータ管理や数値が気になる人へのサポート、健康相談・保健指導がメインの業務なんだ。
Aさん
それって事務的な仕事が多いんだ?
Bさん
そうだけど、同時にメンタルヘルスケアも大切で、休職者や復職者との面談もあるんだ。職場巡視や衛生委員会への参加、感染症対策、怪我や病気の治療もやることもあるんだよ。
Aさん
なるほど。それにしても、在宅ワークもあるの?
コメント
うん。いまはリモートで業務を行う在宅ワーク求人も登場しているよ。

産業保健師・看護職の仕事内容【注目ポイント】

  1. 健康管理業務: 産業保健師や看護師は企業の健康管理室で、健康診断結果の管理や従業員への健康相談・保健指導を担当。
  2. 事務処理と面談: 事務処理が多い一方で、メンタルヘルスケアとして休職者や復職者との面談も行う。
  3. 多岐にわたる業務: 職場巡視、衛生委員会参加、感染症対策、怪我や病気の治療も担当する。
  4. リモート産業保健: 「ナース人材バンク」や「ナース専科」が提供する「リモート産業保健」では、在宅ワークが可能で、小規模企業をリモートでサポート。
  5. 新しい働き方: 保健師や看護師の資格を活かして、在宅ワークができる新しい働き方に注目が集まっている。
  6. 求人の特徴:産業保健師・看護師の求人は人気が高く数も少ない。倍率が数倍~40倍というケースも。

 

仕事内容のポイントまとめ

産業保健師や看護師は企業の健康管理室で様々な業務を担当。

事務処理が多い一方でメンタルヘルスケアも大切にし、従業員との面談も行う。

また、リモート産業保健では在宅ワークが可能で、保健師や看護師の資格を活かした新しい働き方に注目が集まっている。

求人の倍率は高い。

\まずは1分で登録(無料)/

年間10万人以上の看護師さんが利用!オリコン満足度1位。転職実績で選ぶならここ。
詳細を見る 公式ページで登録(無料)

 

産業保健師・看護師に求められる要件とは?

悩んでいる人
ねえ、産業保健師や看護師ってどんな資格やスキルが必要なのかな?
コメント
そうだね。まず、臨床経験が多い企業が多くて、「臨床経験〇年以上」という条件がよくあるんだ。基礎看護スキルや検査データの読み取り力は臨床で養われるからね。
悩んでいる人
それと、対人コミュニケーションスキルも大事なのか。
コメント
そうだよ。臨床で培ったコミュニケーションスキルは、産業保健の仕事でも役立つんだ。それに、資格としては「衛生管理者」や「産業カウンセラー」もアピールポイントだよ。
悩んでいる人
メンタルヘルスも関係してくるんだね。
コメント
そう。だから、「産業カウンセラー」や「メンタルヘルスマネジメント検定」なんかも有用な資格だよ。あと、労働安全衛生法で必要な「衛生管理者」の資格も忘れちゃいけないね。
悩んでいる人
事務作業もあるって聞いたことあるけど、パソコンスキルも必要なの?
コメント
そうだよ。ワードやエクセルの基本スキルは必須だし、ビジネスマナーも重要。電話やメールでの対応も多いから、しっかり習得しておくと良いよ。

 

産業保健師・看護師に求められるスキル・経験・資格【注目ポイント】

  1. 臨床経験が重要: 産業保健師や看護師にとって臨床経験が必須で、「臨床経験〇年以上」を求める企業が多い。
  2. 対人コミュニケーションスキル: 産業保健の仕事では多くの人とやりとりがあるため、臨床で培った対人コミュニケーションスキルが役立つ。
  3. 役立つ資格: 「衛生管理者」や「産業カウンセラー」、メンタルヘルス関連の資格がアピールポイント。
  4. 事務作業とパソコンスキル: 事務作業が多く、ワードやエクセルの基本スキルが必要。電話やメールでの対応もあるため、ビジネスマナーも重要。

 

求められる資格や能力のまとめ

産業保健師や看護師の仕事は、臨床経験が基盤となります。

企業はよく「臨床経験〇年以上」という条件を求め、基礎看護スキルや検査データの読み取り力が重視されています。

また、対人コミュニケーションスキルも不可欠で、臨床で培ったこれらのスキルは産業保健の現場でも大いに活かされます。

 

資格としては、「衛生管理者」や「産業カウンセラー」が重要視されており、メンタルヘルスに関連する資格も役立ちます。

労働安全衛生法で必要な「衛生管理者」の資格も押さえておくと良いでしょう。

 

仕事には事務作業が多く含まれており、パソコンスキルは基本的な要件となります。

ワードやエクセルの基本操作は欠かせず、電話やメールでの対応も頻繁です。

ビジネスマナーも重視されるため、しっかりと身につけておくことが求められます。

 

\まずは1分で登録(無料)/

年間10万人以上の看護師さんが利用!オリコン満足度1位。転職実績で選ぶならここ。
詳細を見る 公式ページで登録(無料)

 

関連記事

ナース人材バンク、レバウェル看護、ナースではたらこ、マイナビ看護師、看護師ワーカーとのタイアップです。   看護師転職エージェントおすすめ5選を今すぐチェック 転職は新たなステップへの踏み出しであり、頼れるパートナー[…]

関連記事

カイテク公式サイト 介護・看護単発バイトアプリ「カイテク」で面接なし・給与即金!空き時間をお金に変える! 介護・看護単発バイトアプリ「カイテク」とは? 悩んでいる人 カイテクってどんなアプリなの? […]